| Next»
カテゴリー: 活動記録
(2019年09月27日)

  9月24日(火)に坂城町立村上保育園のお誕生会「お楽しみおはなし会」にお邪魔しました。

 大型絵本と大型紙芝居などを観てもらいました。

 「トントントン アンパンマン、、、、、」

アンパンマンの手遊び歌、大きな声で元気よく参加いただきました。

日帰り温泉施設の近くに立地し、目の前には公園のローラー滑り台もあり

恵まれた環境の中で、元気いっぱいな子どもたちからエネルギーをいただき

ました。ありがとうございました。

 

カテゴリー: 活動記録
(2019年06月15日)

東御市立図書館でのおはなしこども会が、今日行われました。

強い風と雨の中(始まる頃には雨は止んでいました)

お父さんお母さんと一緒に、子どもたちが集まってくれました。

梅雨の時、「かたつむりさん ミッケ」が今日のテーマ。

 紙芝居に絵本、パネルシアターでは「あめふりくまのこ」をやりました。(写真)

  絵本を一冊よみました、、、

 工作「なにができるのでしょうか」

 クレヨンを使って「かたつむりさん」をつくりました。

 子どもたちの発想は豊かです。

 大勢のご家族の皆さん、ありがとうございました。

 また次回、この図書館でお会いしましょう。

 

カテゴリー: 活動記録
(2019年06月10日)

 6月8日の土曜日、17回を数える「保育カーニバル」に参加、出演しました。

坂城町には町立保育園が3か所あり、保護者の皆さんと一緒に大勢の子どもさんが参加していました。

あいにく、小雨模様の天気のため急遽室内でのおはなし会

となりました。小さなお友達も紙芝居に集中して観ていただきました。

 大きな絵本もみていただきました。

 おはなし会の終わりに行った「皿回し」は、「すごい、、」

「もう一回やりたい、、」など。

 ありがとうございました。

 

カテゴリー: 活動記録
(2018年08月22日)

 8月18日(土)に東御市立図書館で「おはなし子ども会」を担当しました。

お盆明けの土曜日、夏休み終了間際の土曜日、猛暑のためか????

二つの家族の皆さんに参加いただきながら、家族的な会となりました。

最後の工作まで参加いただき、感謝です。ありがとうございました。

紙芝居のくりくり矢、次回の担当は冬の2月です。

また、楽しいおはなし会を計画します。よろしくお願いします。

  このチラシでお知らせしました

カテゴリー: 活動記録
(2018年04月30日)

 

 乳児院の子どもたちとおはなし会。

4月26日は乳児院にうかがいました。1歳から3歳の子どもたちは時間を経て

どんどんと動きが出てきました。手や足を動かし体で表現していました。

 ゴリラさんのエプロンシアター。

 子どもたちはいろいろなことに興味を示します。

 そして私たちもエネルギーをもらいます。

 

カテゴリー: 活動記録
(2018年04月30日)

 初めての試みとして「森のおはなし会」が、4月21日に開催されました。

里山探検活動では、毎回終わりの時間帯に紙芝居や絵本を読んでいます。

この日は晴れ晴れとした空のもと、新緑がまぶしい里山でのおはなし会となりました。

参加いただいたご家族の皆さんありがとうございました。40分ほどのおはなし会

でしたが、大型絵本やエプロンシアター、紙芝居など楽しんでいただきました。

そして、川に入ると子どもたちはいつものようにカエルやサンショウウオ

探しに夢中になります。こんな大きなサンショウウオも捕まえました。

 

森での本格的なおはなし会。初めての経験でしたが、なかなか良いもの

です。これからも出来ればいいなあ~~~~

 

カテゴリー: 活動記録
(2018年04月01日)

 3月26日に、市内保育園の保育士さんたちと「空き箱利用の紙芝居舞台」作りをしました。

     これが、完成品。見事にできました。

前から、保育園でも是非「舞台を使った紙芝居」を演じていただきたい、との思いがあり

呼びかけてきました。今回、15名の皆さんに「マイ舞台」を作っていただきました。

  

 皆さん一生懸命に取り組んでいただき、ありがとうございました。お疲れさまでした。

 新年度を迎えるこの忙しい時期でしたが、さすが日頃からカッターナイフやハサミなど使いこなしている皆さん。

 早い人は、2時間ほどで完成しました。

 この舞台を使って、楽しい「紙芝居」をいっぱい演じて欲しいと願っています。

 

 本当にありがとうございました。

カテゴリー: 活動記録
(2018年03月12日)

 3月10日の土曜日、午後2時から「信州須坂 紙芝居のさとまつり」に参加しました。

市立須坂図書館を拠点として、いま須坂の里は「紙芝居プロジェクト」に燃えています。

街頭紙芝居、最後の絵元(えもと)で、須坂市出身の塩崎源一郎さんから寄附された

たくさんの紙芝居を複製し、これから須坂市を紙芝居の里にしようというプロジェクト

なのです。

そのレプリカお披露目の会で、近隣の紙芝居実演家も何人か参加しました。

こんなにも沢山の皆さんご来場の中、、、

「まんまるまんま たんたかたん」(荒木文子/久住卓也/童心社)を一生懸命

演じました。

塩崎さんが設立した「三邑会(さんゆうかい)」の方も出演、ほんまもんの大阪街頭紙芝居

も演じられ、会場は大きな歓声に沸きました。さすがほんまもんの紙芝居でした。

これから「須坂紙芝居のさと」が注目です。がんばれ、がんばれ紙芝居、、、、、

 

カテゴリー: 活動記録
(2018年01月21日)

 1月16日火曜日、本年初めての里山探検「キラキラ」に参加しました。

とても暖かな日でしたが、里山を流れる川にはたくさんの氷がありました。

子どもたちは川遊びや氷いじりなどに熱中。元気いっぱい遊んで食べて、、、。

 終わりの会で、絵本を読みました。

 「おもち (こどものとも年少版)」 (彦坂有紀/もりといずみ 福音館書店)

 おいしそうな「おもち」の絵本でした。

 紙芝居では、子どもさんに上演のお手伝いをしてもらいました。

「こいぬのはなし 1(こいぬがうまれました)」(松野正子/横内 襄 童心社)

今年は戌年なので、かわいい子犬さんの紙芝居を演じました。

まだ雪がない里山でした。この次は一面の銀世界の中、雪遊びやそり遊びが

出来ればいいなあ、、、、、、

 

カテゴリー: 活動記録
(2017年08月29日)

  8月26日、27日の両日行われていました「第15回 全国紙芝居まつり長野大会」

が無事終了しました。ご参加いただいた皆さん、ご協力いただいた皆さん本当に

ありがとうございました。

 さすが全国大会です。北海道から鹿児島まで、全国からそして長野県下各地から

延べ700人の皆さんにご参加いただいたそうです。実行委員の一人として「紙芝居の

くりくり矢」も力いっぱい参加しました。出会いを楽しみ、紙芝居の楽しさ大切さ

を、いまさらに実感できました。

(これは開会式の様子)

 さあ、講師の先生方、全国の皆さんからいただいたエネルギーを、これから

の活動に活かしていかなければ、、、、。希望をもって、、、、。

 

 (2年後は、山形県の大会です。花笠音頭でアピール)

 

 今回の大会前イベントでは、「マイ紙芝居舞台」を製作しました。

 どうですか? 結構うまくできました。そして段ボール製なのでとても軽いんです。

これを引っ提げて、あちこちの紙芝居実演に出かけていきます。

 本当にありがとうございました。

 

| Next»