HOME ご相談メニュー 申し込みの内容を確認 お問い合わせ
太極・五行の相生・相剋図
 古代の中国では、生活を維持するために欠くことのできないものを木・火・土・金・水としました。この特性をもとに、自然界の物質や運動、相互関係を五つの概念から組み立てたものが、五行学説となってきました。
相性(そうせい)関係
「木は燃えたら火になる、火は燃えたあと土になる、土のなかに金がある、金をとかしたら水になる、水は木を養う」互いに生む、促成、援助する。それぞれすべてが母にも子にもなるいい関係です。
相剋(そうこく)関係
「木は土の上にあるから木は土を剋する。水害のとき、土は土手をつくって水を防ぐから土は水を剋す。燃える火を水で消すので水は火を剋する。火は金をとかすので火は金を剋す。金は木を切ることができるので金は木を剋す」それぞれに剋するものと剋されるものがあります。お互いが反発しあう関係です。
あなたの九星は?
自然界の一員の人もまた生年月日により、九つに分類できます。あなたの本命星を知ってもらうために右の表を見てください。開運旅行や相性など基本的に本命星でみます。(また、生まれた日までで、月命・日命などさらにこまかく統計的に分析できます。)
クリックで大きく表示されます。

あなたは、004199番目の訪問者です。